城南宮のしだれ梅と椿まつりで春を満喫!女性限定の花守りや名物椿餅

しだれ梅と椿まつり

城南宮の「しだれ梅と椿まつり」は梅の香りとともに春の訪れを知らせてくれます。
150本の紅白の梅が「源氏物語花の庭」を彩り、訪れる人の心を和ませ、一度その景色に触れるとその美しさに魅了され忘れることができなくなってしまうほどです。

しだれ梅と椿まつりとは

毎年2月中旬から3月中旬にかけて城南宮の神苑で開催される「しだれ梅と椿まつり」。春の訪れを告げるしだれ梅と、神苑を彩る様々な椿を楽しむことができます。

城南宮 しだれ梅と椿まつり

城南宮 しだれ梅と椿まつり

神苑の拝観時間・拝観料

「しだれ梅と椿まつり」は城南宮の神苑で開催されており拝観料が必要です。平日でも多くの方が訪れ行列ができるほど。開催期間は2月18日から3月22日の約1ヶ月で、朝9:00より拝観できます。

「しだれ梅と椿まつり」の行列

社殿の外にまで伸びる城南宮の「しだれ梅と椿まつり」の行列

開催期間:2月18日から3月22日(※2019年の場合)
拝観時間:9:00~16:30(受付は16:00終了)
拝観料:大人600円 小・中学生400円
神苑内での禁止事項
  • ・神苑内での飲食
  • ・撮影時の三脚・一脚・脚立・自撮り棒の使用
  • ・座ってのスケッチ
  • ・犬やペットが手水舎の手前より中の神域に入ること(介助犬や盲導犬を除く)※キャリー・抱っこを含む

城南宮の駐車場

臨時駐車場

臨時駐車場

しだれ梅と椿まつりの時期には、多くの臨時駐車場ができるほど多くの方が訪れます。特に土日祝日は満車の状態が続き、駐車場に入るのも時間がかかるのでご注意ください。

しだれ梅の見ごろの時期は?過去の開花状況

以下は、城南宮の公式サイトに掲載されている過去のしだれ梅の開花状況です。例年は3月上旬ごろが見ごろとなっています。その年の気候によって見ごろの時期は変わるので、城南宮の公式サイトやtwitterなどで開花状況をチェックしてみてください。

過去の城南宮しだれ梅の開花状況

過去の城南宮しだれ梅の開花状況

しだれ梅と椿まつりの見どころ

しだれ梅と椿まつりの期間中の下記の時間で巫女さんによる舞が披露されます。冠に梅の花をさした巫女が、手に梅の枝を持ち神楽を舞います。

梅が枝神楽

梅を手にした巫女の舞

梅を手にした巫女の舞

【梅が枝神楽開催日時】※しだれ梅と椿まつり期間中
平日:午前10時
土・日・祝日:午前10時と午後3時

女性は『梅の花守り』の特別授与がある

しだれ梅と椿まつりの梅の花守り

しだれ梅と椿まつりの梅の花守り

梅が枝神楽終了後、女性に限り『梅の花守り』を購入するとすると、巫女さんが神楽鈴でお祓いをしてくれます。

巫女さんによる神楽鈴でのお祓い

巫女さんによる神楽鈴でのお祓い

花守りには、美容健康と招福のご利益があるようです。
初穂料:1,000円

源氏物語花の庭でしだれ梅と椿のお花見

社殿の西側にある入口にて拝観料を納め、神苑に進みます。

源氏物語 花の庭

源氏物語 花の庭

いざ、平安貴族のお庭へ。

紅白の梅の共演

紅白の梅の共演

淡いピンク色と白のしだれ梅が絵になります。

青空に映える満開の梅の花

青空に映える満開の梅の花

しだれ梅と川

しだれ梅と川

ちらほらと散った梅の花が水面に浮かんでいます。

梅花の絨毯(じゅうたん)

梅花の絨毯(じゅうたん)

散った梅の花で辺り一面がピンク色の絨毯に、散ってもなお美しいですね。

梅と椿そして苔の絨毯(じゅうたん)

梅と椿そして苔の絨毯(じゅうたん)

真っ赤な椿の花が映えます。

新緑の中に輝く椿

新緑の中に輝く椿

太陽の光が当たると苔が鮮やかな緑になりきれいです。

日陰になると美しくも少しもの悲しい椿

日陰になると美しくも少しもの悲しい椿

日陰になると少しもの悲しい雰囲気をかもしだします。

並べられたピンクの椿

並べられたピンクの椿

だれか並べたかのような、ピンク色のかわいい椿の花がありました。

曲水の宴遣水(きょくすいのえん やりみず)

曲水の宴遣水(きょくすいのえん やりみず)

椿エリアを過ぎると、城南離宮へ突入。これまでの華やかな雰囲気から一変して落ち着いた雰囲気に変わります。

庭園の池で優雅に泳ぐ鯉(こい)

庭園の池で優雅に泳ぐ鯉(こい)

穏やかな時間が流れる、心の安らぐ庭園でのびのびと泳ぐ鯉(こい)、優雅です。

松と梅の共演

松と梅の共演

松竹梅とはいきませんでしたが、松と梅の共演。

「楽水軒」では、美しい庭園を見ながら、お菓子とお抹茶がいただけます。
※神苑拝観料とは別に300円以上の志納(しのう)が必要

この庭園を出ると現実の世界に連れ戻されます。

名物「椿餅」の限定販売

城南宮を訪れたら記念に食べていただきたいのが名物「椿餅(つばきもちい)」(つばいもちひ、つばきもち、とも)です。

松甫堂(しょうふどう) 椿餅(つばきもちい)

松甫堂(しょうふどう) 椿餅(つばきもちい)

【松甫堂の椿餅】※しだれ梅と椿まつりの時期や週末に出店されます。
椿餅(2ヶ入)540円(税込)

平安時代に、貴族のお宅で盛大な蹴鞠(けまり)の大会行われた時に振る舞われたとされるお餅。

椿餅(2ヶ入)540円(税込)

椿餅(2ヶ入)540円(税込)

城南宮の参道で限定販売する椿餅は、中心部に黄色の花心をあしらい白玉椿に似せてあります。

椿餅

椿餅

中は、こしあんで甘すぎず食べやすい、品のいいお味でした。温かいほうじ茶と合いそうです。
食べるときは注意が必要、手で持って食べるととれなくなります!!

時期が合えば、城南宮の梅をぜひ一度見に行ってください。美しさに心を奪われること間違いなしです。

城南宮の詳細は以下記事にて。

城南宮のしだれ梅と椿まつりの口コミ

評価:  
 0 件のレビュー
口コミを書く
口コミガイドラインをご確認の上、投稿をお願いします。
1
2
3
4
5
口コミを投稿する
     
キャンセル

このスポットの口コミを投稿する

    関連記事

    1. 京都壬生 開運招福 三社寺めぐりの限定ご朱印

      新春に福をいただこう!京都壬生・開運招福三社寺めぐりで開運祈願

    2. 泉山七福神

      泉涌寺の泉山七福神巡りは実は九福神!?成人の日に福を授かりに

    3. 北野天満宮の大福梅

      北野天満宮の大福梅は新年の縁起物。12月13日の事始めより授与開始

    4. 京都ゑびす神社の十日ゑびす大祭(初ゑびす)で商売繁盛の祈願

    5. 醍醐寺の桜まつり

      太閤秀吉が愛した醍醐寺の桜とは?「醍醐の花見」の見どころや注意点など

    6. 祇園祭

      祇園祭の山鉾にはそれぞれご利益がある!?個性的な御朱印集めも楽しい

    恋愛・縁結びスポット特集

    恋愛・縁結びスポット特集

    PR じゃらんnetのGoToキャンペーン 超お得なGoTotoトラベルキャンペーン!
    1. 泉山七福神

      泉涌寺の泉山七福神巡りは実は九福神!?成人の日に福を授かりに

    2. 祇園祭

      祇園祭の山鉾にはそれぞれご利益がある!?個性的な御朱印集めも楽しい

    3. 北野天満宮の大福梅

      北野天満宮の大福梅は新年の縁起物。12月13日の事始めより授与開始

    4. 醍醐寺の桜まつり

      太閤秀吉が愛した醍醐寺の桜とは?「醍醐の花見」の見どころや注意…

    5. 廬山寺の節分会

      京都の節分祭のおすすめは?多彩な行事や人気の節分祭をご紹介

    1. 猫猫寺

      八瀬にある猫猫寺(にゃんにゃんじ)は猫住職がいる猫カフェだった!

    2. 撫で牛を撫でてご利益を授かる

      受験生必見!京都の合格祈願で有名な神社やお寺とおすすめのお守り

    3. 神蔵寺

      亀岡にある「神蔵寺」は地元で愛される紅葉の名所!見頃は早く穴場

    4. 貴船神社の「えんむすび特別祈願」がかなりおススメの理由とは?

    5. 東寺の朝限定のご朱印

      京都朝参りは、朝限定・枚数限定の特別御朱印をいただける