美しい自然豊かな高雄の神護寺は紅葉の名所!かわらけ投げで厄除けを
神護寺

神護寺

大自然の中、清く澄んだ清滝川にかかる朱色の高雄橋を渡り、約400段にも及ぶ石段を登った末にやっとたどり着く神護寺。「かわらけ投げ」をする展望台からの渓谷の景色は、心を清らかにしてくれるような清々しさがあります。紅葉もさることながら、新緑の時期の青もみじの美しさ、苔(こけ)の緑の美しさも際立ちます。

神護寺のご利益

厄除け
「かわらけ」といわれる、素焼きのお皿を谷に投げることで厄除けのご利益があると言われています。

神護寺のお守り

神護寺のお守り

神護寺のお守り

光る御守
光る御守

光る御守

交通安全、身体健康、学力向上のお守りで、光の力をあつめ暗闇の中でも光り身につけていると身の周りを守ってくれるように祈願されています。

【志納金】500円

神護寺の御朱印

神護寺の御朱印

神護寺の御朱印

「薬師如来(やくしにょらい)」と書かれた御朱印です。

【志納金】300円
【場所】金堂内の授与所
【受付時間】09:00~16:00

神護寺の見どころ

神護寺までの所要時間

神護寺までは、最寄りの山城高雄バス停から徒歩約30分。バス停近くの案内板には徒歩10分とありますが、これは参道の入り口まで(だと思います)。参道入り口より約400段の階段が続き、神護寺の門前まで約20分かかります。後で出てきますが、参道の途中で軽食や甘味をいただけるお食事処で休憩が可能です。

神護寺までの所要時間

神護寺のある高雄を含めた、槇尾、栂尾の三つの地区からなる三尾をめぐるルートや行き方、所要時間などは以下記事にて。

道中の参道

清滝川と高雄橋

清滝川と高雄橋

清滝川にかかる朱色の高雄橋と青もみじ、木々がとても美しいです。5月末ごろに訪れましたが、山奥なだけあって「虫」がすごいです。「蚊」ではないですが気になる方は虫よけ必須です。

高雄山神護寺参道の看板

高雄山神護寺参道の看板

ここからが参道の始まりです。神護寺まで階段は400段!約20分かかります。見学に30~40分かけるとトータルで70~80分はかかるので、時間に余裕を見ておきましょう。特殊な時期を除き、拝観時間は9:00~16:00です。

いきなり、やや急な長めの階段を登っていきます

いきなり、やや急な長めの階段を登っていきます

初めから、やや急な階段が続きます。

階段途中の倒れた木

階段途中の倒れた木

参道の途中には倒れた木があり、その下をくぐり登っていくとお食事処が現れます。

高雄茶屋

高雄茶屋

高雄茶屋では、自家製手打ちうどんや蕎麦などの軽食と甘味をいただくことができます。

硯石(すずりいし)亭

硯石(すずりいし)亭

高雄茶屋の次にあるのが硯石(すずりいし)亭。

硯石亭のメニュー

硯石亭のメニュー

硯石亭では、蕎麦・おうどんやひやしあめ、コーヒーなどがあります。

名物「もみじ餅」

名物「もみじ餅」

道明寺餅の上に自家製の餡(あん)をのせた、硯石亭の名物「もみじ餅」をいただきました。一口サイズで食べやすく素朴なお味でなのでパクパク食べられます。そしてお茶とすごく合います。
糖分が全身にいきわたりここまでの疲れが飛んでいくようです。この硯石亭が、だいたい長い石段の中腹あたりです。

空海ゆかりの硯石

空海ゆかりの硯石

硯石亭を少し過ぎたところに、空海ゆかりの「硯石(すずりいし)」があります。この硯石は、空海がこの石で墨をすったとされる逸話があります。
かつて弘法大師空海(774-835)が神護寺で修行をしていたとき、嵯峨天皇(786-840)が金剛定寺の門額を書くよう遣いを送ってきたが、五月雨(さつきあめ)で清滝川が増水し橋が流されたため渡れなかった。そこで空海はこの岩を硯石として墨(すみ)をすり、対岸に立てかけられた額をめがけて筆を投げ、「金剛定寺」と書いたそうです。
大きな岩の一番上がくぼんでおり、逸話の真実味が増します。

神護寺まであと少し

神護寺まであと少し

神護寺までの最後の階段

神護寺までの最後の階段

最後に結構急な階段があります、これを登れば目的地の神護寺です。

神護寺に到着

神護寺に到着

神護寺に到着、高雄橋を渡ってから階段を登ること約20~30分で神護寺の楼門に到着しました。
二体の天部像がお出迎え。右が「持国天」、左は「増長天」です。どちらも仏教における四天王の一尊です。

楼門の手前の左手で拝観料(大人は600円)を払って中へ入ります。

神護寺の境内

長い階段を登ってきましたが、神護寺の境内も広く見学の所要時間は30~40分。しっかり見てまわる方は60分くらい見ておいた方がよいでしょう。

神護寺の境内図

神護寺の境内図

和気清麻呂公のお墓
和気清麻呂公のお墓に続く木の根道

和気清麻呂公のお墓に続く木の根道

和気清麻呂公のお墓に続く苔の道

和気清麻呂公のお墓に続く苔の道

和気清麻呂公のお墓の手前あたりは、足元の石が崩れそうなところがあったので気をつけてください。

和気清麻呂公のお墓

和気清麻呂公のお墓

和気清麻呂公はかつて、長岡京・平安京の造営に尽力した人です。

和気清麻呂公のお墓

和気清麻呂公のお墓

柵の中に入ることができるので、墓石前までいって拝むことができます。

金堂
金堂前の階段

金堂前の階段

横から見た階段

横から見た階段

角度45度ぐらいある階段を上がると、金堂があります。

金堂

金堂

撮影不可なので写真は掲載できませんが、金堂には国宝の薬師如来立像があります。

空海作の閼伽井(あかい)
閼伽井(あかい)

閼伽井(あかい)

仏様にお供えする水のことを「閼伽(あか)」というそうです。

空海が掘りました

空海が掘りました

この閼伽井(あかい)、あの空海が掘った井戸だそうです。

かわらけ投げ発祥の地で厄払い
かわらけ投げ

かわらけ投げ

かわらけ投げ発祥の地で、かわらけに厄をのせて一緒に飛ばしてしまいましょう。

かわらけ販売所と休憩所

かわらけ販売所と休憩所

ここでかわらけを購入します。疲れた方はここで一服もできます。

厄除けのかわらけ

厄除けのかわらけ

かわらけは、1組3枚で200円です。

かわらけ投げスポット

かわらけ投げスポット

高雄名勝 錦雲渓

高雄名勝 錦雲渓

錦雲渓(きんうんけい)に向かってかわらけを投げます。厄除と書いてあるほうを下にして投げるのが正しいようです、売り場のお姉さんが教えてくださいました。なかなかうまく飛ばせませんが手首のスナップを利かせて飛ばしてみてください。

邪気を払う鬼瓦
邪気を払う鬼瓦

邪気を払う鬼瓦

鬼瓦には邪気を祓う効果があるらしく、鬼瓦が置かれています。

神護寺の由緒

弘仁七年(816)、高野山を修禅観法の道場としてその開創に着手し、弘仁十四年には東寺を賜って、鎮護国家の道場として、その造営を任されている。その間の十数年にわたる活躍によって、高雄山寺が平安仏教の道場としての内容を整えてくると、これまでの和気氏の私寺的性格を格上げすることを考え、高雄山寺と同じころに建てられていた定額寺(特定の官寺)としての神願寺を合併することを願い出る。そして天長元年(824)にそれが許され神願寺がこの地に移されると、寺名も神護国祚真言寺(略して神護寺)と改名された。

神護寺の基本情報

名称(よみがな)
神護寺(じんごじ)
住所
〒616-8292 京都市右京区梅ケ畑高雄町5
駐車場
なし
参拝・拝観時間
【社務所・授与所】受付時間/09:00~16:00
参拝・拝観料
大人600円、中・高校生600円、小学生300円
公式ホームページ
http://www.jingoji.or.jp/

神護寺のアクセス

車の場合
国道162号線を、「福王子」交差点から「京北 高雄」方向へ約6km
公共交通機関の場合
京都バス「西山高雄」(90系統)下車 徒歩約25分
京都市営バス「高雄」(8号系統)下車 徒歩約20分
JRバス高雄・京北線「山城高雄」下車 徒歩約20分

神護寺の地図

神護寺の口コミ

評価:  
 2 件のレビュー
byコスモス on神護寺
ながーい階段を登った後の紅葉は格別!秋のこの辺りの紅葉は美しいので神護寺から西明寺に歩いて行くのもおススメです。
byこずっちゃん on神護寺
かわらけ投げの発祥の地で、かわらけを投げて厄除けをしてきました。時期的に紅葉はまだだったけどまちがいなく紅葉の時期は綺麗だと思う。次回は紅葉の時期に行きたい。しかしお寺までの道のりがやや険しかった、ひたすら階段を登りますが登った先の景色が素晴らしいのでおススメです。
口コミを書く
口コミガイドラインをご確認の上、投稿をお願いします。
1
2
3
4
5
口コミを投稿する
     
キャンセル

このスポットの口コミを投稿する

関連ご利益スポット

  1. 毘沙門堂門跡

    毘沙門堂門跡

  2. 市比賣神社

    市比賣神社

  3. 晴明神社

    晴明神社

  4. 西明寺

    西明寺

  5. 下御霊神社

    下御霊神社

  6. 長岡天満宮

    長岡天満宮

恋愛・縁結びスポット特集

恋愛・縁結びスポット特集

PR じゃらんnetのGoToキャンペーン 超お得なGoTotoトラベルキャンペーン!
  1. 八坂神社 三社詣 ご朱印完成版

    八坂神社の三社詣は短時間でご利益をいただけるコスパのよいお詣り

  2. 泉山七福神

    泉涌寺の泉山七福神巡りは実は九福神!?成人の日に福を授かりに

  3. 醍醐寺の桜まつり

    太閤秀吉が愛した醍醐寺の桜とは?「醍醐の花見」の見どころや注意…

  4. 京都壬生 開運招福 三社寺めぐりの限定ご朱印

    新春に福をいただこう!京都壬生・開運招福三社寺めぐりで開運祈願

  5. しだれ梅と椿まつり

    城南宮のしだれ梅と椿まつりで春を満喫!女性限定の花守りや名物椿餅

  1. 三尾(高雄・槙尾・栂尾)めぐり

    京都の三尾(高雄・槙尾・栂尾)めぐりのルートや行き方、所要時間は

  2. 東寺の朝限定のご朱印

    京都朝参りは、朝限定・枚数限定の特別御朱印をいただける

  3. 京都最強の恋愛成就や縁結びの神社

    京都最強の縁結びの神社を厳選!恋愛成就や出会いが叶うのは?

  4. 撫で牛を撫でてご利益を授かる

    受験生必見!京都の合格祈願で有名な神社やお寺とおすすめのお守り

  5. 猫猫寺

    八瀬にある猫猫寺(にゃんにゃんじ)は猫住職がいる猫カフェだった!